ハワイアーン

今朝はきっと咲いているだろう。

 

lipp2013summer

 

だれかさん、だれかさん、ごっこ遊びしましょ〜

ハワイに行って、おばかさんに、なりましょ〜♪

 

こ〜んな仕草もできるんだ、メロディちゃん!?

一だんとあざやかに、可憐に花びら開いて、

海の中では、瞳を閉じていただけよ、と、笑っているようだ。

 

となりにいるウクレレのぼくちゃん。笑

(かわいいなあ。)

リップ・パリ編のつぎは、リップ・ハワイ編でしたー!

楽しいでしょ。

 

 

***

 

 

いやだった小学校の夏休みの宿題、うだるような暑さ、

などのことは忘れて、楽しい思い出の断片と一緒に、

最近は、宮沢賢治の本を読み返しています。

そう!夏は非現実的だ!

 

 

宮澤賢治

 

どっどど どどうど どどうど どどう

一番好きなのは「風の又三郎」。

冒頭の教室のシーンから、風が主役っていっていいくらい、

すべてに風がありありと感じられ、自分まで、風の中を歩いているよう。

 

ボブディラン、ジョージハリスン、中村一義。

好きなアーティストは、なぜか、風というものに結びつく。

そこが、僕には不思議で、惹かれているのかもしれない。(最近わかった、遅い。)

 

 

***

 

 

Kazuyoshi Nakamura – 1,2,3

 

急坂滑って、確かめたいんだ。街の方へ、真ん中まで。♪

 

あの夏はまだそこに、いる!

 

 

(次は秋です。リップの風の中、がんばりますよ!)